index

システム運用自動化のPOLESTAR Automation

Enterprise RBA Solution

IT運用最前線の課題

システムの大規模化

多くのビジネスと業務が情報化され、システム 運用担当者が管理責任を持つシステムは急増する傾向にあります。

高スキルエンジニアの不足

障害原因の65%以上を占めるヒューマンエラー… ITサービス品質はシステム運用担当者のスキルによって大きく影響されますが、高いスキルを持つエンジニアの数は多くありません。

システムの複雑化

仮想化、クラウド、モバイルなどの登場と普及により、日に日にシステム環境は複雑となり、全体の把握がますます困難になってきています。

同じ作業の繰り返し

システム運用作業中、毎日・毎週・毎月のように周期的に実行する必要のある繰り返し作業は45%以上であると言われています。

運用品質の向上

ビジネスにおけるITの重要度が高まるとともに、 より高いITサービスの品質とシステム運用品質の向上が求められています。

運用コスト(TCO)削減要求

新しいサービス開発やシステム構築のコストが嵩むのに相反して、TCO削減への要求は強まる一方です。かといって、運用担当者の増員も容易ではありません。

ますます肥大化・複雑化が進むシステム、
慢性化する運用担当者不足、
人為ミスにより発生する突発的な障害と復旧対応…

システム・ネットワーク管理者の皆様の悩みは、募る一方ではありませんか?

ITサービス運営、複雑性による問題

運用担当者に代わって、さまざまな作業を実施してくれる
Virtual Worker(バーチャル・ワーカー=仮想作業者)-
POLESTAR Automation(ポールスター・オートメーション)
が、そうした悩みを一気に解決します

人がやるより、早くて正確
IT運用現場のさまざまな課題を、【自動化】で一気に解決!

導入についてのご相談はお気軽にお問い合わせください!