購入方法

購入・パートナー >

購入方法

2種類の購入方式

POLESTAR Automationは、ライセンス(買い取り)方式とサブスクリプション(年間利用料金)方式の
2通りのご提供方法をご用意しております。
ライセンス買取方式 >

ライセンスとは、ソフトウェアの使用権を購入していただく方式です。この場合、POLESTAR Automationを半永久的に使うことができます。 保守サポート*は別売りです。

サブスクリプション方式 >

サブスクリプションとは、利用する期間に応じて料金をお支払いいただく方式です。年単位の利用料金となります。 初回契約時は、最低2年分のお支払いが条件です。サブスクリプションには保守サポートが含まれます。

*保守サポート:お問い合わせ対応およびバージョンアップの権利を得られます(継続的な購入が前提。中断時期があった場合は、遡って保守サポートを購入いただくことでバージョンアップがご利用できます)。

システム要求仕様

モジュールの詳細はこちら

ライセンス買取、サブスクリプション、いずれの場合も、著作権は開発元のNKIA社にあります。

ライセンス買取方式

1. 基本的な考え方

  • POLESTAR Automationライセンスは、基本パッケージとして、Server EditionとNetwork Editionがあります。その上で、必要に応じてオプションモジュールやサービスパックを追加で購入いただきます。
  • サーバーのノード数とネットワーク機器のノード数分Server EditionとNetwork Editionをご購入ください。

ライセンスの基本構成

パッケージ 含まれるモジュール 備考
Server Edition ・管理サーバー(Manager Server)
・スクリプトジョブモジュール(Script Job Module)
・点検ジョブモジュール(Compliance Job Module)
・監査ジョブモジュール(Audit Job Module)
・バッチジョブモジュール(Batch Job Module)
・ファイル配布ジョブモジュール(File Distribution Job Module)
サーバーの運用自動化を行うためのパッケージです。
構成情報の収集や報告書作成、直接コマンド実行機能に加え、スクリプト、点検、監査、バッチ、ファイル配布のジョブを実行可能です。
 
システム点検やセキュリティ脆弱性点検には、管理対象となるサーバーOS用のサービスパックをお選びください。
Windowsアップデート、関連性情報などの構成管理を行う場合は、オプションモジュールが必要です。
Network Edition ・管理サーバー(Manager Server)
・スクリプトジョブモジュール(Script Job Module)
・点検ジョブモジュール(Compliance Job Module)
・監査ジョブモジュール(Audit Job Module)
ネットワーク機器の運用自動化を行うためのパッケージです。
構成情報の収集や報告書作成機能に加え、スクリプト、点検、監査のジョブを実行可能です。
関連性情報の管理を行う場合は、オプションモジュールが必要です。
オプション
モジュール
Windowsアップデートジョブモジュール(Windows Update Job Module) Windowsアップデートを直接行うためのモジュールです。
関連性情報管理モジュール(Dependency Management Job Module) 各サーバーやネットワーク機器のIPアドレスや、機器間の依存関係を、トポロジー形式で表示します。
サーバー構成管理モジュール
(Configuration Management for Server Device Module)
サーバーの構成情報を収集します。
ネットワーク構成管理モジュール
(Configuration Management for Network Device Module)
ルーターやスイッチなどのネットワーク機器の構成情報を収集します。
点検サービスパック(Compliance Service Packs) サービスパックには、以下のものがあります。
・システム点検パック(対応OS:AIX、HP-UX、Solaris、Windows、Linux)
・脆弱性点検パック(対応OS:AIX、HP-UX、Solaris、Windows、Linux)
  • 点検サービスパックは、点検ジョブモジュールと併せてご利用いただくものです。システム点検用とセキュリティ脆弱性点検用に分かれています。ご利用のサーバーOSに応じて必要なサービスパックをお選びいただきます(サービスパックはオプション)。
  • ライセンスは、管理対象サーバーおよびネットワーク機器のノード数分ご購入いただきます。ライセンスを購入する場合の最低購入ノード数は50ノードで、10ノード単位で購入できます。追加で購入される場合の最低購入ノード数は10ノードで、10ノード単位で購入いただけます。「ノード数」とは、管理対象サーバーおよび管理対象ネットワーク機器の数のことです。仮想サーバーの場合はOSの数とお考え下さい。
  • 100ノード以上の購入につきましては、ノード数に応じてボリュームディスカウントが適用されます。なお、ボリュームディスカウントはオーダー毎に個別の適用となり、累計は考慮いたしません。
  • 用途に応じて、オプションモジュールの中から、Windowsアップデートジョブ、関連情報管理のモジュール等を追加で購入いただけます。尚、必要となるノード数は次章「2. ライセンス算出方法」を参照ください。

2. ライセンス価格の算出方法

  • POLESTAR Automationを利用する場合の必要ライセンス数は、利用ノード数によって決まります。基本パッケージである、Server EditionまたはNetwork Edition、そしてオプションのモジュールおよびサービスパックをノード数分ご購入いただきます。
  • 例えば、Linux150ノード、Windows50ノード、計200ノードのサーバーを対象に、オプションでシステム点検とセキュリティ脆弱性点検を実施する場合、Server Edition200ノード分と、Linux用システム点検サービスパック150ノード分、Linux用脆弱性点検サービスパック150ノード分、Windows用システム点検サービスパック50ノード分、Windows用脆弱性点検サービスパック50ノード分が必要となります。
  • ネットワーク機器の管理には、ネットワーク機器の台数分Network Editionをご購入いただきます。
  • 追加の購入は、追加購入ノード数に対応したボリュームディスカウントが適用されます。例えば、既に500ノード分保有しているが、追加で250ノード分を購入する際、ボリュームディスカウントは、「110~300ノード」の価格テーブルが適用されます。
  • オプションモジュールは、次のような前提にて必要数分ご購入いただきます。
    • Windowsアップデートジョブモジュールは、Windowsサーバーのノード数分
    • 関連情報管理モジュールは管理対象全ノード数分
    • ネットワーク構成管理モジュールは、Server Edition購入時に、ネットワーク機器の構成情報も収集・管理したい場合にネットワーク機器のノード数分ご購入いただくものです。また、サーバー構成管理モジュールは、Network Editionのみ購入時にサーバーの構成情報を収集・管理するためにサーバーのノード数分ご購入いただくことになります。
    • DR(災害対策)の目的でDRサイトにPOLESTAR Automationを導入する場合は、メインサイトの管理対象ノード数に加え、DRサイトの管理対象ノード数を合計したノード数分のライセンスをご購入いただく必要があります。これは、DRセンターにインストールされている管理対象システムは、DR運用時のみ点検やパッチファイル配布、インストールなどの作業を実行するのではなく、平常時にも同様に実行されるためです。

サブスクリプション方式

1. 基本的な考え方

  • POLESTAR Automationのサブスクリプションは、サーバーに関してはサーバーBasicもしくはサーバーPremiumのいずれか、ネットワークについてはネットワークBasicを購入いただき、その上で必要なオプションモジュールやサービスパックを追加で購入いただきます。
  • サーバーBasicからサーバーPremiumへのアップグレードは契約の途中ではできません。更新のタイミングで買い換えていただくか、追加で購入していただく必要があります。
  • サーバーBasicでは、WindowsおよびLinuxの「システム点検パック」と「セキュリティ脆弱性点検パック」のみ追加でご購入いただけます。「関連性情報管理モジュール」や、商用UNIX用の「システム点検パック」、「脆弱性点検パック」はご利用いただけません。

サブスクリプションの購入形態

サービス 含まれるモジュール 備考
サーバーBasic
(Basic for Server Plan)
CODE: S-BSV
・管理サーバー(Manager Server)
・点検ジョブモジュール(Compliance Job Module)
サーバーの構成情報収集と点検、報告書作成だけを実施したいお客様向けプランです。
■利用いただける点検パック ・システム点検パック(Windows/Linux用)
・脆弱性点検パック(Windows/Linux用)
※商用UNIX用の「システム点検パック」と「脆弱性点検パック」はご利用いただけません。
サーバーPremium
(Premium for Server Plan)
CODE: S-PSV
・管理サーバー(Manager Server)
・スクリプトジョブモジュール(Script Job Module)
・点検ジョブモジュール(Compliance Job Module)
・監査ジョブモジュール(Audit Job Module
・バッチジョブモジュール(Batch Job Module)
・ファイル配布ジョブモジュール(File Distribution Job Module)
サーバーの運用自動化を行うためのプランです。
構成情報収集や点検、報告書作成に加え、直接コマンド実行や、スクリプト、監査、バッチ、ファイル配布のジョブを実行可能です。
点検パックに関する制限はありません。
ネットワークBasic
(Basic for Network Plan)
CODE: S-NWK
・管理サーバー(Manager Server)
・スクリプトジョブモジュール(Script Job Module)
・点検ジョブモジュール(Compliance Job Module)
・監査ジョブモジュール(Audit Job Module
ネットワーク機器の運用自動化を行うためのプランです。
構成情報収集や点検、報告書作成に加え、スクリプト、監査のジョブを実行可能です。
オプションモジュール Windowsアップデートジョブモジュール(Windows Update Job Module)CODE: S-WUD Windowsアップデートを直接行うためのモジュールです。
関連性情報管理モジュール(Dependency Management Job Module)CODE: S-DPM 各サーバーやネットワーク機器のIPアドレスや、機器間の依存関係をトポロジー形式で表示します。
サーバー構成管理モジュールCODE: S-CMS サーバーの構成情報を収集します。
ネットワーク構成管理モジュールCODE: S-CMN ルーターやスイッチなどのネットワーク機器の構成情報を収集します。
点検サービスパック(Compliance Service Packs) サービスパックには、以下のものがあります。
・システム点検パック(対応OS:AIX、HP-UX、Solaris、Windows、Linux)
・脆弱性点検パック(対応OS:AIX、HP-UX、Solaris、Windows、Linux)
  • サブスクリプションの契約期間は原則的に1年間ですが、初回ご契約のみ2年間とさせていただいております。その後、1年単位での更新が可能です。
  • サブスクリプションからライセンスに移行できるプログラムがあり、移行割引の対象となります。
  • 点検サービスパックは、点検ジョブモジュールと併せてご利用いただくものです。システム点検用と脆弱性点検用に分かれています。ご利用のサーバーOSに応じて必要なサービスパックをお選びいただきます(サービスパックはオプション)。※サーバーBasicでは、商用UNIX用のサービスパックはご利用いただけません。
  • サブスクリプションは、管理対象サーバーおよびネットワーク機器のノード数分ご購入いただきます。サブスクリプションを購入される場合の最低購入ノード数は20ノードで、10ノード単位で購入できます。「ノード数」とは、管理対象サーバーおよび管理対象ネットワーク機器の数のことです。仮想サーバーの場合はOSの数とお考え下さい。
  • 用途に応じて、オプションモジュールを追加で購入いただけます。また、必要となるノード数は次章「2. サブスクリプション算出方法」を参照ください。
  • サブスクリプションからライセンス買取に移行できるプログラムも提供しています。この場合は、移行割引の対象となります。

2. サブスクリプション料金の算出方法

  • POLESTAR Automationの必要サブスクリプション数は、ノード数によって決まります。 基本プランであるサーバーBasic、サーバーPremium、ネットワークBasicと、オプションのモジュールおよびパックをノード数分ご購入いただきます。※サーバーBasicとサーバーPremiumの混在はできません。
  • 例えば、Linux150ノード、Windows50ノード、計200ノードのサーバーを対象に、システム点検と脆弱性点検を実施する場合、サーバーBasic200ノード分とLinux用システム点検パック150ノード分、Windows用システム点検パック50ノード分、Linux用脆弱性点検パック150ノード分、Windows用脆弱性点検パック50ノード分が必要となります。
  • ネットワーク機器の管理には、ネットワーク機器の台数分Network Editionをご購入いただきます。
    • Windowsアップデートジョブモジュールは、Windowsサーバーのノード数分
    • 関連情報管理モジュールは管理対象全ノード数分
    • ネットワーク構成管理モジュールは、サーバーBasicのみ購入時に、ネットワーク機器の構成情報も収集・管理したい場合にネットワーク機器のノード数分ご購入いただくものです。また、サーバー構成管理モジュールは、ネットワークBasicのみ購入時にサーバーの構成情報も収集・管理するためにサーバーのノード数分ご購入いただきます。
  • DR(災害対策)の目的でDRサイトにPOLESTAR Automationを導入する場合は、メインサイトの管理対象ノード数に加え、DRサイトの管理対象ノード数を合計したノード数分のサブスクリプションをご契約いただく必要があります。これは、DRセンターにインストールされている管理対象システムは、DR運用時のみ点検やパッチファイル配布、インストールなどの作業を実行するのではなく、平常時にも同様に実行されるためです。