システム構成

製品情報 >

システム構成とアーキテクチャ

システム標準構成

システム標準構成
※サーバーの場合、エージェントタイプとエージェントレスの選択が可能。併用も可
※NW機器の場合はエージェントは不要
  • 1台の管理対象サーバーで許容量を超えた場合は管理サーバーをクラスタリング構成で追加し、スケールアウトが可能(サーバー20,000台超管理の事例あり)
  • 安定性のため、管理サーバーとDBサーバーは別々のインスタンスに構築することを推奨

システム動作条件

管理サーバー
管理サーバー
  • CPU : 2.0GHz 4 Core 以上
  • メモリ : 8 GB 以上
  • ディスク : 300GB 以上
  • 必須プログラム : Java 7 以上
  • Windows版、Linux版
DBサーバー
DBサーバー
  • CPU : 2.0GHz 4 Core 以上
  • メモリ : 16 GB 以上
  • ディスク : 300GB 以上
  • Oracle,Tibero,MySQL,
    MariaDBに対応
一般的な運用状況で管理対象サーバー100台を基準に算出した仕様です。
50ノード以下の場合は、管理サーバーとDBサーバーの同居が可能
CPU:2GHz 4 Core以上、メモリ:16GB以上 HDD :100GB以上
管理クライアント(Web Client)
管理クライアント(Web Client)
    ウェブブラウザ
  • Chrome(推奨)、 Edge(推奨)、Firefox、 Safariなど様々なブラウザをサポート。 IEは非対応
管理対象ネットワーク機器
管理対象ネットワーク機器

SNMPおよび標準MIBにより構成情報が取得可能、かつSSHまたはTelnetによるコマンド投入が可能なルーター、ネットワークスイッチ、その他各種ネットワーク機器

管理対象サーバー
管理対象サーバー
  • AIX : AIX 5.1 ~ 5.3, 6.1, 7.1
  • SunOS : SunOS 5.6 ~ 5.10(SPARC), SunOS 5.8 ~ 5.11(x86)
  • HP-UX : HP-UX 11.00、11.11、11.23、11.31(RISC/Itanium)
  • Linux : Kernel 2.4以上の動作するx86/x64対応ディストリビューションおよびRaspberry Pi (ARM 32bit)
  • Windows : Windows XP系、Windows 7系、10 Windows 2000 sp4以上、Windows Server 2003 sp2以上、Windows Server 2008、2012、2016、2019の各リリース(いずれもx86/x64のみ)