待望の新機能「ネットワーク機器自動化」を
CEATEC JAPAN(10/3~6)で披露します

株式会社ワイドテック(本社・東京都千代田区、代表取締役・李光一郎)では、IT運用自動化ソリューション「POLESTAR Automation」にネットワーク自動化機能を追加し、10月より順次提供を開始いたします。


POLESTAR Automationは、扱いやすいユーザーインターフェース、スピーディな初期導入が図れる豊富なテンプレート群、そしてWindows、Linuxから各種商用UNIXまでの幅広いOS対応といった特徴を持つIT運用自動化ソリューションです。

従来、POLESTAR Automationではエージェント組み込み型によるサーバー運用自動化機能を主体に提供してきましたが、発売当初から要望の多かったネットワーク機器への対応として、今回新たにルーターやL2/L3スイッチなどに対する情報収集と制御の機能を追加し、自動化の対象をさらに拡げました。

  1. ■ POLESTAR Automation「ネットワーク自動化機能」の概要
  2. ルーター、L2スイッチ、L3スイッチなど、ネットワーク機器に対する動作情報の収集と、各種コマンドの送信を自動化します。

    • ネットワーク機器設定の一括適用・変更が、GUIベースの管理画面上からの操作により実施でき、あらかじめ設定したスケジュールに基づく自動実行も可能
    • SSHまたはTelnetを介してネットワーク機器のステータス情報を収集
    • 収集したステータスに応じて適切なコマンドを自動的に送信
    • グローバルベンダーの製品はもちろん、国内でシェアが高く、要望の多いアライドテレシス、ヤマハの機器にも対応

      【主な対応ベンダー】

      Cisco Systems/Juniper Networks/アライドテレシス/ヤマハ
      ※引き続き対応ベンダー/機器追加予定
    • POLESTAR Automationならではのテンプレートによる、簡単かつスムーズな導入
  3. ■ CEATEC JAPAN 2017に出展します
  4. 来る10月3日(火)~6日(金) に幕張メッセにて開催される、国内最大のCPS(サイバーフィジカルシステム)とIoT(モノのインターネット)の総合展示会「CEATEC JAPAN 2017」の当社ブースに、ネットワーク機器対応のPOLESTAR Automation最新バージョンを出展し、デモや導入に関する相談に応じます。

    《CEATEC JAPAN 2017について》

    会期 2017年10月3日(火)~6日(金)
    場所 幕張メッセ(千葉市美浜区)
    URL http://www.ceatec.com/ja/
    当社ブース番号 ホール2 C127(ホール2入口階段を降りて左手すぐ)

    ワイドテックでは、今回のPOLESTAR Automationのネットワーク機器対応を機に、引き続き今後ともユーザーからの要望を最大限反映させ、製品力の向上と強化を図りながら、さらなる拡販へとつなげて行きます。

以 上

【ご参考】POLESTAR Automation ネットワーク機器対応バージョンの画面

1. POLESTAR Automation ネットワーク機器対応バージョンのダッシュボード

POLESTAR Automation ネットワーク機器対応バージョンの画面

2. ルーターのインターフェース端子ステータス表示例

POLESTAR Automation ネットワーク機器対応バージョンの画面