新製品「POLESTAR Automation V3.1」を「Japan IT Week 2020 秋」に出展

2020年10月28日

毎年恒例となった、幕張メッセで開催される「Japan IT Week 秋」に、今回もPOLESTAR Automationを出展します。

今年はコロナ禍を受け、徹底した衛生対策のもとに開催されます。

ブースにはPOLESTAR Automation V3.1のデモ環境をご用意し、GUIならではの軽快な操作感や豊富な機能をタッチ&トライできます。

今回はZabbix®に加えてRedmineも交え、アラート発生からチケット起票、回復処理、クロージングまでを一気通貫で行うAPI連携や、新機能のメール通知による急コールとの連携もデモします。

また、会場には技術および営業担当者が常駐し、来場者の皆様からの製品や導入に関するご質問、デモやPoC(概念実証)実施に関する相談に応じます。


会期 2020年10月28日(水)~30日(金)
10:00~18:00 [最終日30日(金)のみ 10:00~17:00]
会場 幕張メッセ(千葉市美浜区・幕張新都心)
入場料金 公式サイトからの事前登録により、無料で入場できます。
※当日入場の場合: \5,000(税込)
当社ブース番号 29-4(ホール5)[第1回 システム運用自動化展【秋】エリア]
※「Nkia」社(POLESTAR Automation 開発元)との 共同出展となります

ワイドテックでは、幅広い運用シーンと多様なニーズに対応可能な、「使いやすく、確実に効果が出る」運用自動化ソリューションの提供に向け、引き続きPOLESTAR Automationの製品力強化を図り、コロナ後の「運用のニューノーマル」を推進・支援していきます。