サーバ構築の自動化

製品情報 >

活用事例 >

サーバ構築の自動化

サーバ構築の自動化

システム環境の構築を自動化するツールとしては、無償で利用できるPuppetやChefが有名です。
POLESTAR Automation は、わかりやすいUIでサーバ構築を自動化する機能を提供しています。

サーバの構築にあたって必要となるのが、ファイルを送り込むファイル配布ジョブ、スクリプトを実行するスクリプトジョブ、そして複数のジョブを実行させるためのバッチジョブです。POLESTAR Automation は、それぞれのジョブを作成するためのウィザードがあり、その指示に従うことで簡単にジョブが作成できます。また、ジョブ化することで、設定したスケジュールに基づき、夜間の導入や、定期的な実行が可能になります

ファイル配布ジョブを使うと、ファイルライブラリやサーバ上のファイルを直接選択して複数のサーバに配布できます。配布前と配布後に登録したコマンドが実行でき、配布に関する事前/事後処理ができます。また、この機能を使い、配布前/後のコマンド実行結果が特定の値の場合にのみ、配布を実行することもできます。

スクリプトジョブを使うと、スクリプトを複数のサーバに投入できます。対応するスクリプトは、shell/Windows batch/perl/VBScript/Expect/Pythonの7種です。基本スクリプトにした場合、Unix/Linux系はShellスクリプトが、Windows系はWindows batchスクリプトがデフォルトで設定されます。

複数のジョブを複数のサーバに実行するのがバッチジョブです。ユーザが登録したすべてのジョブを、決められた順番、または一括で実行することができます。

それでは、POLESTAR Automationを使ってLinuxサーバにApacheをインストールする流れをご紹介しましょう。 手順は次のようになります。

① pcreファイルをインストールする
② Apacheの必要ファイルを送り込む
③ Apacheをインストールする
④ ポートを変更する
⑤ ランレベルを設定する
⑥ Apacheを起動させる

下図はバッチジョブで6つのジョブが登録された状態です。上から順番にジョブが実行されます。

バッチジョブで6つのジョブが登録された状態

インストールする先のサーバを、サーバグループの中からドラッグ&ドロップで選択します。

インストールする先のサーバを、サーバグループの中からドラッグ&ドロップで選択

① pcreファイルをインストールする
新たに作成したディレクトリ先に、圧縮されたpcreファイルを配布するためのファイル配布ジョブです。配布後解凍しインストールを行います。

図①

② Apacheの必要ファイルを送り込む
新たに作成したディレクトリ先に、 apr-1.6.3, apr-util-1.6.1, httpd-2.4.29のファイルを配布するためのファイル配布ジョブです。(※参考用であり最新バージョンではありません。)
配布後解凍等の処理を実施します。

図②

③ Apacheをインストールする
パスを設定し、Apacche2.4.29をインストールするためのスクリプトジョブです。

図③

④ ポートを変更する
スクリプトジョブで必要とされるポートを設定します。

図④

⑤ ランレベルを設定する
スクリプトジョブでApacheのランレベルを設定し、起動可能な状態にします。

図⑤

⑥ Apacheを起動させる
スクリプトジョブでパスを設定し、Apacheを起動します。

図⑥

このようにして、一連の流れをバッチジョブとして実行させることができます。ミドルウェアやデータベースの導入や設定なども同様にして実行ができ、サーバ構築を自動化することができます。