アーカイブ

エージェント型とエージェントレス型の違いは?

2019年9月10日
エージェントを対象サーバーに導入する必要があるか、導入しなくてもよいかの違いです。
POLESTAR Automationはエージェントレス型、エージェント型のどちらにも対応しており、それぞれの良さを活用できます。
エージェントレス型ではPOLESTAR Automationも含めてSSHやSNMPを用いるので、インターネットに晒される対象サーバーでは、ポート番号やSNMPコミュニティ名の変更のような、総当たり攻撃やリフレクション攻撃への対策も欠かせません。
エージェント型は専用プログラムを必要とするものの、構成情報の取得やファイル転送などの経路には独自開発の暗号化されたプロトコルを用いるので、エージェントレスよりセキュアで、対象サーバーにおける必要なポート開放も1つで済み、初期設定もエージェントプログラムのパッケージ導入だけで完了します。

管理できるネットワーク機器に条件はありますか?

2019年9月10日
SNMPによって標準MIB情報が取得でき、かつSSHまたはTelnetを通じてコンソールコマンドが実行できれば、基本的にどのようなネットワーク機器でも登録可能です。ただし、管理可能な情報は、機器の仕様により異なります。
例えば、Bridge MIBに対応していない機器では、各ポートの接続先の機器名やポート名が表示されないことがあります。

FreeBSDやOpenBSDなど「BSD系」と総称されるUNIXライクOSには対応していますか?

2019年9月10日
SSHとSNMPが有効になっていれば、エージェントレスの管理対象サーバーとして登録でき、コマンドやスクリプトジョブを実行することも可能なようですが、現在BSD系OSでの構成情報の取得には対応しておらず、エージェントや点検・監査などのテンプレートも用意できておりません。現状ではサポート対象外とさせていただきます。

AndroidやiOS/iPadOSには対応していますか?

2019年9月10日
これらのスマートデバイス用OSはroot権限が開放されていないため、POLESTAR Automationによる管理の対象外となります。
タブレット端末のWebブラウザ(PCサイトモード)をPOLESTAR Automation V3の管理クライアント(Webブラウザ経由で管理サーバーにアクセスするための端末)としてお使いいただくことは可能ですが、スマートフォンでは画面スクロールや拡大・縮小操作が必須となるため、実用性の点で推奨しません。

Mac(macOS)には対応していますか?

2019年9月10日
管理サーバー、管理対象サーバーとしては対応していません。
管理クライアント(Webブラウザ経由で管理サーバーにアクセスするための端末)としてお使いいただくことは可能です。

Raspberry Piやその他のArmデバイス上のLinuxには対応していますか?

2019年9月10日
32ビットOS環境のRaspberry Piに対応するエージェント(Raspberry Pi 3B/3B+にて、Raspbian OSのみ動作確認済み)をご用意しています。64ビットのArmデバイス用のエージェントは未提供です。
なお、エージェントレス環境では、基本的にLinuxカーネル2.6以降の動作しているデバイスであれば、プロセッサのアーキテクチャに関係なく登録可能です。

仮想化環境やクラウド、VPSにもインストールできますか?

2019年9月10日
仮想化基盤上のゲストOSやパブリッククラウド、VPSへのインストールも可能です。
パブリッククラウドやVPSで、別々のインスタンスに管理サーバーとDBサーバーをインストールする場合、それぞれが疎通可能である必要があります。
また、クラウドやVPS上のPOLESTAR Automationからオンプレミスの管理対象サーバーを管理する場合、ネットワーク的に疎通可能になっている必要があります。

クラスタリング構成においてフェイルオーバーは可能ですか?

2018年4月6日
可能です。物理サーバー間のフェイルオーバーをサポートしています。

MariaDBはDBサーバーとして利用できますか?

2018年4月6日
利用できます。
MariaDB 10.2以降をサポートしています。

POLESTARのシステム要求スペックにおける最新情報を教えてください。

2017年12月19日
こちらをご覧ください。