スクリプト資産の活用

製品情報 >

スクリプト資産の活用

スクリプト資産を活用して運用自動化を促進する

システム管理の経験をお持ちの方でしたら、WindowsならVBScriptやPowerShell、LinuxでしたらShellなどを使って、定時起動やリブート、情報収集といった自動化スクリプトを作成したことがあると思います。
経験知から、この場合にはこのスクリプト、これをやるのであればこちらのスクリプトというように、いくつものスクリプト資産を積み重ねてこられた方も多いでしょう。

■入力コマンド実行機能

単純な繰り返し作業を効率的に実行するには、スクリプトによる自動化が有効です。
スクリプトとは、VBScript やUnix系Shellなどのスクリプト言語や、Python、Perl といったプログラミング言語で作成された作業用プログラムのことです。スクリプト言語は、C++ や Visual Basic などのプログラミング言語に比べ、小規模な問題をすばやく解決する目的で利用するのに適しています。

POLESTAR Automationには、複数のサーバーや特定のサーバーに対して、コマンドやスクリプトを実行し、結果をすばやく確認できる「即時入力コマンド実行」機能があります。
この機能を利用することで、POLESTAR Automation で管理している、100台、1000台、1万台のサーバーやネットワーク機器に、コマンドやスクリプトを一括で実行することができます。
POLESTAR Automationで扱えるコマンドやスクリプト言語は以下の7種類あり、OSや目的で使い分けることができます。

  • Expect
  • Perl
  • PowerShell
  • Python
  • Shell
  • VBScript
  • Windows Batch

図1に示すように、サーバーのワークスペースから、グループまたは特定サーバーを対象サーバー領域にドラッグ&ドロップすると、対象サーバーが簡単に追加できます。そして、実行するコマンドやスクリプトをコマンド欄に入力します。入力するには、入力コマンド実行画面の左側のコマンド領域にあるコマンドをダブルクリックする方法、コマンド領域にあるコマンドをコマンド入力欄にドラッグ&ドロップする方法、コマンド入力欄に直接入力する方法など、扱いやすいUIを生かした多彩な手段が用意されています。
使用する頻度の高いコマンド、または検証済みのコマンドを管理するには「登録コマンド」機能もあります。

図1 入力コマンド設定画面
図1 入力コマンド設定画面

図2は、コマンドを実行した結果の画面です。このように、入力コマンド実行機能を利用して返り値を求めたり、サーバーやネットワーク機器を設定することが可能です。

図2 入力コマンド実行結果
図2 入力コマンド実行結果

■スクリプトを活用して自動化を行う

スクリプトは、手動で実行されるWindows タスクを自動化するために利用でき、複数の類似したタスクを一括して自動化するなど、以下のような用途に適しています。

  • イベントビューアーで確認できるログの一括出力設定やログの収集
  • レジストリの一括追加や変更
  • ローカルグループポリシーの一括設定や変更
  • 導入アプリケーションや適用Windows Updateの状況

スクリプトでは、イベントに応答し、何らかの処理を開始するようにすることもできます。また、イベントの発生を認識し、特定の条件を満たすイベントを認識した場合にのみ特定の処理を開始することも可能です。

さらに、多くの操作を順番に実行する必要のあるタスクでは、ジョブ形式でスクリプトを組むことで、すべての操作を自動的に実行することが可能になります。

ぜひとも、コマンドやスクリプトを活用し、貴社のサーバーやネットワーク管理の自動化を進めてみましょう。 POLESTAR Automationでは、サーバーやネットワーク機器の点検を行うためのスクリプトによるジョブテンプレートを、最初から200種類以上ご利用いただけます(オプションでの提供)。こうした既存のテンプレートを活用し、新たなスクリプトを作成することで、短期間で様々な自動化が実現できます。 既に、Windows Update(KBパッチ)の選択的自動導入や、プリントログの可視化といった、実用的なテンプレートが作成されてきています。詳細は担当営業までお問い合わせください。